Smily Possession

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災からひと月半か。

時々来るでかい揺れに、
なんとなく神経休まってないなーと思いながら過ごしてます。

「警戒区域」の圏内で
水もご飯もなく餓死してく動物たちのことを思うと、
ほんとうに心が痛みます。
うまいこと対処されていれば、死ななくて済んだ命がたくさんあったと・・
法治国家だから何をするにも法を通さなければって、
助けてから後付けじゃダメなの?
動物だって痛みも苦しみもあるのに。


福島から避難されてきた方々が近所の体育館に入ったので
4月上旬から何度か、物資の受け付けを手伝ってきました。
そこでも、行政のあり方とかリーダーシップについて
いろんなことを考えさせられたし、
いろんな人の話を聞くことができた。
体育館を出て独立していく人たちを見て(自宅には帰れないのです)
「ここにお世話になってよかったっていい記憶に残ってくれたらいいな」って意見に
「ここのことなんか忘れ去るくらい新生活が充実してくれたらいい」って意見。
深いなー、と思いました。どっちもね。


まー、そんなこんなでですね、
自分のなかではやっぱりまったくサッカーに気が向かない状態が続いてまして。
自粛、をしてるつもりはないんだけど、
見てる場合じゃないよなーって思うのも事実。
「被災地はそれどころじゃないんだから」ってことではなくて、
例えば、応援チームの心配より他に心配するとこあるよねって感じというか。。
上に書いたような心配事のほかにも、
崩壊しそうな実家をめぐってのいろいろとか、入院してるおばあちゃんの具合とか行く先とか、
職場のメンバーも6月から変わることが決まったし、
もろもろ不安定なことばっかなんです、いま。
だから、さらに不安定な気持ちにさせられるアーセナルを見たくなかった。ってことかな。
あぁ、これまでのように生活の中心においた応援なんかしてると
ほかのことにひどく影響しそうでおっかなくて見れなかったんだな。
うん。書くと頭んなかスッキリするな。

いっとき、素晴らしいプレーだけ素直に楽しむライトなファン。みたいな
そんな立ち位置に戻ってサッカー見たらどうなのよって思ったこともあるんだけど、
それこそいまじゃなくていいんだし。


とりあえず、今季はもうおしまい。
別にアーセナルが優勝の可能性なくなったからってわけではなく。
先月でサッカーセットも切っちゃってるしね。
新しいシーズンが始まる頃には
整理整頓が進んで前向けてますように。
私も、日本も、チームも(笑)


あ。ケルン2部落ちさせたら許さないよ、カピテンポルディ!
見てなくてもちゃんとしなさーい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。